実際に妊活や不妊治療で悩んだ私が本当に知りたかったこと

今すぐ注意!妊活中に普段の生活で気をつけたいこと

  • HOME »
  • 今すぐ注意!妊活中に普段の生活で気をつけたいこと

ただでさえ我慢する事や制限する事、ストレスに感じることがが多い現代社会の中で不妊治療をしてたり、子どもが欲しいと焦ったり。

(二人目不妊の場合は、子育てで大変だし。)

ストレスを感じるなと言う方が無理かもしれません。

しかし、あえてストレスを出来るだけ感じない環境が望ましいです。

特に夫婦でお互いにケンカをしてプレッシャーを掛け合うなんてもっての外です。

夫婦仲良くというのはもちろんですが、他にもいくつか気をつけておきたいことがあります。

身体を冷やさない

夏場は辛いかもしれません。

暑いのでクーラーを使いたくなります。

外に出ると必要以上に低い温度に設定してあったりもします。

でも身体を冷やすということは血行を悪くするということ。

温かくしておくことを心がけたいです。

妊活中にたんぽぽ茶やルイボスティーなどの血行促進するお茶が推奨されることからも分かります。

食べ物でも夏野菜は身体を冷やす効果があるので、キュウリやナスは控えた方がいいです。

また大好きな女性も多いと思いますが、アイスクリームやかき氷などもお腹を冷やすので妊娠に関係のある臓器である子宮や卵巣も冷えてしまいます。

どうしても食べたい!食べないと逆にストレス!という時は少量にするなど、なんとか我慢したいところです。

逆に身体を温める食材(冬野菜)のショウガやニンジン、ごぼう、レンコン、かぼちゃなどがお勧めです。

身体的負担を減らす

激しい運動や重たい荷物を運ぶといったお腹に負担のかかる動作は極力やめておきましょう。

骨盤から子宮、卵巣に影響が出るかもしれません。

特にお腹周りは注意が必要で締め付けるといった付加も避けたいところです。

お仕事など外出する時は無理でも家にいる時はゆったりしている服装で過ごすことが負担軽減になります。

ダイエットもこの時ばかりは中断した方がいいです。

いつもより1~2kgくら太ってもいいくらいだと思います。

晴れて妊娠した後は医師や看護師から体重コントロールの指示がもらえます。

睡眠時間をしっかりキープ

忙しく仕事しているママや二人目不妊で育児をしながらのママには少し酷かもしれません。

しかしながら、睡眠をしっかりすることが妊活の基本という方もいるくらい重要です。

特に眠りに入って3~4時間でどれだけ良い睡眠がとれるかが重要視されています。

睡眠の1時間前にはスマホ、テレビをやめて睡眠の準備をすると良いと言われています。

ベッドに入る1~2時間くらい前に入浴(半身浴など)で身体を温めた後、やや体温が下がってきたあたりで睡眠に入るとぐっすり眠れると快眠指導の本で読んだことがあります。

[広告]
[広告]
PAGETOP
Copyright © 妊活不妊治療 All Rights Reserved.