実際に妊活や不妊治療で悩んだ私が本当に知りたかったこと

人工受精の流れと私の体験談

長野県に住む女性からの体験談です。

タイミング法で妊娠と稽留流産を経験し、不妊治療に後ろ向きな旦那さんを説得して人工授精をするも妊娠に至らなかったという体験談です。

人工授精の技術は数年前とは比べ物にならないくらい向上していると言われますが、人によってはこういうケースもあるんだと認識させられます。

簡単に他人が言えることではありませんが、諦めずに次のステップに向かってほしいと思いました。

焦る私と躊躇する旦那

産婦人科に通院してタイミング法による不妊治療をおこなっていました。

そして、このタイミング法で妊娠と稽留流産を経験しました。

流産の手術後には3カ月の間、子宮を休める必要がありました。

私はこのとき36歳でした。

30代の後半に入ったことで、妊娠や出産に対して時間的な焦りや体力的な焦りを感じ始めていました。

不妊治療をもっと先に進めたいと思い、旦那と話し合いましたが、旦那は不妊治療に後ろ向きでした。

人工的に人為的に新しい命をつくりだすということに躊躇し、ひっかかりを感じてタイミング法以外の不妊治療には拒否反応を示していました。

旦那の理解を得る

タイミング法を試した後には、人工授精に挑戦するのが不妊治療の一般的な流れということでした。

人工授精するには旦那を説得することが必要だったので、人工授精について勉強をしました。

人工授精についてよく調べてみると、人工授精は自然妊娠とそれほどかわらない、自然妊娠に近いものであることがわかりました。

違うのは自然妊娠よりも子宮内の少し奥に精液を注入するというところだけで、ほかは自然妊娠となんら変わりがありませんでした。

旦那に人工授精の説明をして、女性の年齢による妊娠の確率や卵子の老化についても力説して、子どもが欲しいと思う気持ちがあったら、時間的猶予はあまりないということをわかってもらうことができました。

人工授精の難しさ

夫婦で病院に行き、今後の治療方針について医師と話し合いました。

残念な結果ではあったけれど、タイミング法で妊娠することができたので、もう少しタイミング法を続けてみてもいいのかもということが頭をよぎることもありました。

でも、少しでも若いうちに人工授精に進んだ方が妊娠率が上がる可能性もあるいうことで、2回タイミング法を試して妊娠することができなかったら人工授精に進むという段階をふむことにしました。

結果は2回のタイミング法を試してみて妊娠することができなかったため、人工授精に挑戦することになりました。

人工授精は保険適用外のため、1回約18,000円の費用がかかりました。

人工授精では、基礎体温をもとにした排卵日予測日の数日前に受診し、卵胞の大きさを経腟超音波でチェックして人工授精を実施する日を決めます。

この卵胞の大きさを確認するために約1~2回の受診が必要でした。

人工授精実施日には朝に採取した精子をもって病院に行き、午前中に処置してもらい実施後には骨盤を高くしたまま30分安静にするというものでした。

人工授精日に確実に排卵させるために人工授精日を決めたら、その前日には36時間~48時間後の排卵を促すという排卵誘発の注射をしました。

また、人工授精実施後には、受精卵が着床しやすい環境になるように子宮内膜を厚くして子宮環境を整える黄体ホルモン剤を使いました。

しかしホルモン剤で調整していたにも関わらず、人工授精日の前日に排卵誘発の注射のため受診したら、すでに排卵していたということもありました。

人工授精前の精液検査で、精子数が少なく運動率が低いので、あまり期待しないようにと言われたこともあります。

妊治療を一旦お休み

不妊治療が思うようにいかないこともあり、毎月の数回に及ぶ病院通いと妊娠に対する焦りでストレスがたまってきてしまいました。

夫婦で話し合い、リフレッシュするために、4回目の人工授精に失敗したところで、不妊治療を一旦お休みすることにしました。

今後のことはまだ未定ですが、夫婦で話し合って決めていくつもりです。

戻る → 不妊治療に関する体験談

[広告]
PAGETOP
Copyright © 妊活不妊治療 All Rights Reserved.